« 八月の虹 | トップページ | 植物プラスチック »

携帯向け燃料電池の実用化は

 今日の日経新聞の一面に「燃料電池 携帯向け 来年にも商品化」という記事が掲載されていました。燃料電池というと、自動車向けというイメージがありました。いわゆる水素と酸素を化学反応させて電気を作り出すということですから、できるのは"水"でCO2は排出しない。だから環境にやさしいということですよね。携帯向けというのは意外に感じましたが、技術はここまで進んでいるんですね。

 燃料電池を搭載すると、1回の燃料充填あたりの連続作動時間を3倍程度に延ばすことができるそうです。つまり省エネ性能が高くなります。また燃料容器を持ち歩けば充電の必要もなく、IT機器を携帯する際の利便性が大きく向上するというわけです。

 しかし、製造コストはまだまだ高いし、燃料にも問題があるようです。水素は貯蔵が面倒なので、水素を取り出すための携帯用の燃料としてはメタノールが注目されています。しかし、メタノールには毒性があり、取り扱いには注意が必要です。口にでも入れて事故が起きたら大変です。そこで、より危険性の低い代替燃料も研究されているそうです。その他、酸素と燃料を隔てる“電解質膜”に何を採用するのか、電解質膜の両側に、薄い層として重ねる“触媒”に何を使うかも燃料電池にとって重要な問題になっています。安全性、発電効率、製造コスト、軽量化、小型化など、まだまだ多くの課題がありそうです。

 携帯用燃料電池の動向については今後も注目していきたいですね。

|

« 八月の虹 | トップページ | 植物プラスチック »

エネルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513205/40923910

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯向け燃料電池の実用化は:

« 八月の虹 | トップページ | 植物プラスチック »