« 米取引所 排出権参入相次ぐ | トップページ | 温暖化で水没の危機、ツバルに専門家派遣 »

破れにくい生分解性プラスチック

 今朝の日経新聞に「破れにくい生分解性プラ 三菱化学、ゴミ袋などに利用」という記事が掲載されていました。

 三菱化学はゴミ袋や農業用シートなどに使われるフィルム状の生分解性プラスチックを改良し、破れにくくする技術を開発したとのことです。

 生分解性プラスチックは地中の微生物によって自然に分解されるため、環境影響を低減できます。また、植物を原料にして作ったタイプなら、CO2の排出抑制にも役立つとされています。

 生分解性プラスチックは引っ張る力などがかかったとき、柔軟性が乏しく破れやすいのが課題です。三菱化学が開発した技術は、「ポリブチレンサクシネート(PBS)」と呼ばれる生分解性プラスチックで、コハク酸という物質などを入れて化学構造を変化させ、厚さ0.2mmのフィルムを作製したところ、柔軟性を示す指標が10倍になったということです。同社は耐久性が求められる用途に使えるとみています。加工しやすさは市販の生分解性プラスチックと同じレベルといっています。今回開発した樹脂は25%が植物由来だが、同社は近く、コハク酸を植物由来に変更して改良を進める予定だそうです。

 現状の生分解性プラスチックにはまだまだ樹脂としての不安定要素、または研究課題が多く残されているようです。それらが一つ一つ解決されて、石油由来のプラスチックがすべて生分解性プラスチックに置き換わる日を心待ちにしたいものです。

 

|

« 米取引所 排出権参入相次ぐ | トップページ | 温暖化で水没の危機、ツバルに専門家派遣 »

環境配慮型素材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513205/40923980

この記事へのトラックバック一覧です: 破れにくい生分解性プラスチック:

« 米取引所 排出権参入相次ぐ | トップページ | 温暖化で水没の危機、ツバルに専門家派遣 »