« 水素カー、燃料どう供給? | トップページ | もったいない。棄てられる食品 »

プラグイン・ハイブリッド車の実用化近し

 今朝の日経新聞に、トヨタ自動車が、一般家庭の電源から充電できるプラグイン・ハイブリッド車を2010年までに発売すると発表したとの記事が掲載されていました。

 小型・軽量で高出力が特徴のリチウムイオン電池を使う新世代ハイブリッド車で、現行の「プリウス」に比べCO2排出量を約13%削減できるといいます。試験車では約3時間の充電で13kmの走行ができたそうです。

 また、夕刊によると、米ゼネラル・モーターズ(GM)もプラグイン・ハイブリッド車を2010にも実用化すると発表したそうです。多目的スポーツ車(SUV)「サターン・ビュー」に搭載し、既存のSUV車に比べ燃料効率は2倍に高めるといいます。トヨタと同様に軽量・小型で高出力のリチウムイオン電池を採用し、4―5時間かけてフル充電すれば、電気だけを使い低速で16キロメートル走行可能といいます。

 2010年というともう目の前ですね。こんなに早く実用化の目処が立つとはちょっと予想していませんでした。消費者の立場としてはどのくらいの価格になるのか気になるところです。

 米自動車大手もここへきてエコカーに大きく舵を切ってきましたね。ただ、テレビの北米自動車ショーの映像を見るかぎりでは、車体の大きな車が多かったように見えました。表面的にはエコカーという感じがしなかったのは私だけでしょうか。

|

« 水素カー、燃料どう供給? | トップページ | もったいない。棄てられる食品 »

環境配慮型製品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513205/40923993

この記事へのトラックバック一覧です: プラグイン・ハイブリッド車の実用化近し:

« 水素カー、燃料どう供給? | トップページ | もったいない。棄てられる食品 »