« 家庭用燃料電池の動向 | トップページ | 忍び寄る食料危機 »

環境浄化植物「サンパチェンス」

 今日、「おもいっきりイイTV」を見ていますと、家庭でできるエコ生活の紹介の中で、「サンパチェンス」という花を紹介していました。CO2を普通の植物の5倍ほど吸収するということです。CO2以外に、NO2やシックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドも吸収するということで、「是非ご家庭に植えましょう」と専門家が言っていました。

 園芸事業を営む「サカタのタネ」という会社がインパチェンスを改良して作ったそうです。このホームページによると浦野 豊氏(東京大学博士・農学 生態工学会理事)との共同研究の結果、従来の園芸植物と比べてNO2で5~8倍、ホルムアルデヒドは3~4倍、CO2では4~6倍もの高い吸収能力を発揮するという実験結果が得られたそうです。

 生物の力というのはすごいですね。生き物を大事にすることが地球を救うキーワードになるかもしれません。人間はもっと生物から学ばなければいけませんね。

|

« 家庭用燃料電池の動向 | トップページ | 忍び寄る食料危機 »

地球温暖化」カテゴリの記事

環境配慮型製品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513205/40924057

この記事へのトラックバック一覧です: 環境浄化植物「サンパチェンス」:

« 家庭用燃料電池の動向 | トップページ | 忍び寄る食料危機 »