« 空気電池、電気自動車の本命になるか | トップページ | 資源高はリサイクルを促進するか »

冷たいお茶が1日中楽しめるマイボトル

 昨年の秋から500mlサイズのペットボトルにカバーを付けて持ち歩くようになりました。家でお茶を作って入れることで空ペットボトルを捨てるのを減らすことと、外出中に飲料水を購入する費用を抑えることが目的でした。しかし、暑い夏を迎えて、自宅で入れた冷たいお茶も次第に温くなり、冷たいお茶が欲しいと思うようになりました。そこでホームセンターで軽くて小さな保温性のある水筒がないかと探していると、ありました。象印マホービンがいろいろ出していますね。買ったのは600mlサイズの超軽量型ステンレスボトル。早速使ってみました。口が広くて氷が入れやすいし、通勤カバンに入れて持ち運ぶには手頃なサイズと重さ。フタが柄のついたコップになるので使いやすい。そしてなにより1日中冷たいお茶を楽しむことができました。

 また、最近は全国の主要なお茶屋さんと提携して"給茶スポット"を設けているんですね。提携しているお茶屋さんに象印のボトルを持っていくとお茶を入れてくれるんだそうです。マイボトルもお茶が無くなると無用の長物になってしまいますが、こういうサービスがあるといいですね。まだまだ"給茶スポット"の数が少ないので利用しにくいですが、たとえば有料でもいいですからペットボトルの飲料水を買うより安い値段で全国のコンビニで給茶をしてくれるようになるともっとマイボトルが普及するでしょうね。どこかのコンビニでやってくれませんかねぇ。

にほんブログ村 環境ブログへ

|

« 空気電池、電気自動車の本命になるか | トップページ | 資源高はリサイクルを促進するか »

環境配慮型製品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513205/42002136

この記事へのトラックバック一覧です: 冷たいお茶が1日中楽しめるマイボトル:

« 空気電池、電気自動車の本命になるか | トップページ | 資源高はリサイクルを促進するか »