« カーボンフットプリントの商品別基準 | トップページ | 省エネ事業で税優遇 »

歩く振動で発電

 昨日の日経新聞朝刊に「歩く振動で発電-歩数計などに応用」という記事が掲載されていました。

 三洋電機は人が歩く際の振動で発電する小型部品を開発し、歩数計を試作したとのことです。同社が開発したのは「小型振動発電デバイス」で、帯電した電石と呼ばれる物質やシリコンでできた部品2つを数十マイクロメートル間隔で水平に並べ、振動で部品間にずれが生じた際に電力が発生する仕組みだそうです。今後、歩数計以外に小型・小電力で動く機器への応用を目指すとしています。

 振動発電については「夢の扉」という番組で取り上げられたことをこのブログでも紹介したことがありました。これとは原理が違うようですが、振動は至る所で発生していますから、振動から電気を得ることは省エネに非常に有効ですね。今後応用分野が大きく広がることを期待したいですね。

にほんブログ村 環境ブログへ

|

« カーボンフットプリントの商品別基準 | トップページ | 省エネ事業で税優遇 »

エネルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513205/43086664

この記事へのトラックバック一覧です: 歩く振動で発電:

« カーボンフットプリントの商品別基準 | トップページ | 省エネ事業で税優遇 »