« 一人乗り電動式乗り物 | トップページ | 相次ぐ中小企業のエコカー市場への参入 »

「熱電発電」温度差利用してCO2削減

 今朝の日経新聞に、「工場や温泉が『発電所』に-温度差を利用、CO2削減」という記事が掲載されていました。

 「熱電発電」という発電技術があります。熱電発電は温度差がある所はどこでも「発電所」になり得る技術です。金属などの材料は加熱すると内部の電子の動きが活発になります。異なる材料をつなぐと温度差で電子が一方に流れ、電気が発生するのです。工場や自動車、家屋などで無駄に捨てられている熱で発電すれば、省エネやCO2の排出削減になります。

 昭和電線ホールディングスは、銅線の製造ラインにある加熱炉の熱を電気に変えようと、熱電発電の試みを開始しました。銅線の加熱炉の外壁は600℃。装置の反対側を水で冷やすと、接着面との間で約450℃の温度差が生じ、電気が発生します。

 群馬県の草津温泉では、95℃の源泉を湧き水で60℃まで冷まして各旅館に給湯しています。東芝は温泉と湧き水の35℃の温度差で発電する出力150wの装置を試作し、実験に取り組んでいます。お湯と湧き水は終日利用でき、日照時間が限られる太陽光発電に比べ、単純比較で発電量は6倍になるといいます。ただ、現状では東芝の装置の価格は太陽光発電の数倍と高く、実用化にはコストの改善が必要とのことです。

 温度差のあるところは至るところにあります。それを利用して発電できるというのは夢のある話ですね。大きな発電所で行うものだけが発電ではありませんね。いろんな技術を利用して至るところで発電する。エネルギーも地産地消できれば送電のロスもなくなります。新しい技術を実用化する際にコストの問題が発生するのはよくある話です。こうした技術も改善を積み重ねてコストダウンを図り、実用化にこぎつけてほしいものです。

にほんブログ村 環境ブログへ

|

« 一人乗り電動式乗り物 | トップページ | 相次ぐ中小企業のエコカー市場への参入 »

エネルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513205/44100096

この記事へのトラックバック一覧です: 「熱電発電」温度差利用してCO2削減:

« 一人乗り電動式乗り物 | トップページ | 相次ぐ中小企業のエコカー市場への参入 »