« 「熱電発電」温度差利用してCO2削減 | トップページ | 温暖化進行で絶滅危惧種さらに増加 »

相次ぐ中小企業のエコカー市場への参入

 今朝の日経新聞に「エコカー市場、中小企業走る-成長分野、技術競う」という記事が掲載されていました。

 中小企業が市場拡大が見込まれる電気自動車など、エコカー関連市場に攻勢をかけているといいます。

 携帯電話用リチウムイオン電池の保護ケースをつくる富士発條(兵庫県朝来市)は、自社の持つ薄いアルミニウム板をケースに加工することができる金型技術を応用して、車載電池ケースの製造に参入しました。これは電気自動車にも応用が可能です。複数の板を接合するのに比べコストが抑制でき、品質も安定するといいます。

 技術開発型ベンチャーのテクノコアインターナショナル(兵庫県尼崎市)は通信機器開発のフコクインダストリー(兵庫県尼崎市)などと組み、電気自動車用の次世代型充電器を開発したそうです。充電が完了した状態を電圧の状態から的確に把握でき、異常過熱の一因とされる「過充電」を回避できるとのことです。

 東京工業大学発ベンチャーのエレクトラ(東京都世田谷区)は米自動車開発ベンチャーと高性能の金属空気電池を開発するそうです。自社が持つ太陽光と海水からマグネシウムを精錬する技術を活用するといいます。金属空気電池は電極に使う亜鉛と空気中の酸素が反応し電気を生む仕掛けです。東京工業大学の矢部孝教授が考案した技術は海水10,000mから10kgのマグネシウムが精錬でき、安価に安定供給できるため、発電効率が高まり、電池が小型化できるといいます。

 電気自動車が普及し始めると情報機器などを手掛ける企業の新規参入が増える可能性がありますね。逆に既存の自動車部品加工会社が苦しくなる可能性があります。中小企業が生き残るためには、自社の技術を応用して新規分野に積極的に挑戦することが必要です。ダーウィンが進化論の中で示したとされる考え方に、『この世に生き残る生物は、最も強いものではなく、最も知性の高いものでもなく、最も変化に対応できるものである』という言葉があります。企業も同じで、環境の変化に対応して変化する企業だけが生き残るのだと思います。時代はエコブーム。多くの中小企業に環境分野に自社の技術を活かすことを考えてほしいものです。

にほんブログ村 環境ブログへ

|

« 「熱電発電」温度差利用してCO2削減 | トップページ | 温暖化進行で絶滅危惧種さらに増加 »

環境配慮型製品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513205/44145293

この記事へのトラックバック一覧です: 相次ぐ中小企業のエコカー市場への参入:

« 「熱電発電」温度差利用してCO2削減 | トップページ | 温暖化進行で絶滅危惧種さらに増加 »