« 日立「エコ冷蔵庫」不当表示に思う | トップページ | 地方の中小企業で「野菜工場」の増産相次ぐ »

中小企業、省エネ支援に商機

 今朝の日経新聞に、「中小、省エネ支援に商機」という記事が掲載されていました。

 企業の省エネ対策などを支援するビジネスを、収益源として育てる中小企業が増えてきているそうです。

 プラスチック成型関連機器を手掛ける松井製作所(大阪市)は、すでに納入した成型機械について、成型品の乾燥機の送風量の制御を見直すことで電気代を25%削減。射出成型機に断熱材を巻いて放熱を防ぐと削減率は最大50%に及ぶといいます。

 業務用給水・給湯システムのピコ・エイダ(大阪市)は、店舗向けに電気やガス、水道の料金を年間15~20%削減するシステムを提案しています。来客数や天候から最適な使用量を算出し、インターネットで顧客に知らせ「使いすぎ」の警告も出す機能や、水道は不要時にはセンサーで自動的に止め、使用量を減らすしくみも搭載しているそうです。

 家電販売店の井之商(大津市)は、太陽光を屋内に効率的に取り入れ光熱費を削減する製品を開発しました。太陽照明器具「スカイライトチューブ」は太陽光をレンズで集光して屋内に取り込み、雨天でも日中は蛍光灯と同程度の明るさを保つそうです。

 不況だからこそ、企業の「コスト削減」意欲は高いものがあります。設備投資は控えても省エネ・省力化には需要があるというわけです。それに目をつけビジネスを展開しているのです。またピコ・エイダのように、ITを活用した省エネ対策サービスもこれからどんどん出てくるのではないでしょうか。多くの中小企業が既存の技術を生かして環境ビジネスにチャレンジしてほしいものです。

にほんブログ村 環境ブログへ

|

« 日立「エコ冷蔵庫」不当表示に思う | トップページ | 地方の中小企業で「野菜工場」の増産相次ぐ »

省エネ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513205/44756688

この記事へのトラックバック一覧です: 中小企業、省エネ支援に商機:

« 日立「エコ冷蔵庫」不当表示に思う | トップページ | 地方の中小企業で「野菜工場」の増産相次ぐ »