« 雨水タンクを設置しました | トップページ | ITS(高度道路交通システム)でCO2削減 »

和歌山が木質バイオマス事業を支援

 今朝の日経新聞に、「自然エネルギー多様化じわり-近畿の自治体、地域特性生かし開拓」という記事が掲載されていました。

 和歌山県は2009年度、山に放置される間伐材や樹皮をパウダー化して再利用する木質バイオマスエネルギー事業を推進するとのことです。県森林組合連合会が、御坊市の木材共同販売所内に木質パウダー製造装置を設置し、隣接する日高川町の温泉施設のボイラー燃料を供給するといいます。木質パウダーは、チップやペレットによる従来手法に比べて燃焼効率が良く、CO2排出削減につながるといいます。

 間伐材を利用するにも、都会での利用は運送コストの問題がネックになりなかなか進展しないとの話はよく聞きます。運送費が少なくて済む地元での利用が進めば、間伐も進む可能性があります。小規模エネルギーの地産地消ということでしょうか。光合成によって太陽エネルギーが溜め込まれたバイオマスを燃料に利用することで、CO2排出削減と林業振興の両立を図ることができます。山間部ならではの自然エネルギーといえるでしょう。地域の特性を生かした自然エネルギーの開拓を多くの自治体に実施してもらいたいものです。

にほんブログ村 環境ブログへ

|

« 雨水タンクを設置しました | トップページ | ITS(高度道路交通システム)でCO2削減 »

エネルギー」カテゴリの記事

環境政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513205/44600149

この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山が木質バイオマス事業を支援:

« 雨水タンクを設置しました | トップページ | ITS(高度道路交通システム)でCO2削減 »