« 植物由来のナイロン開発 | トップページ | 大阪版カーボン・オフセット制度 »

中小製造業による企業向けエコ製品が拡充

 今朝の日経新聞に、「中小『エコ製品』、企業向け拡充-CO2削減や省資源化、新製品引き合い」という記事が掲載されていました。

 関西の中小製造業に、CO2削減や省資源化に役立つ企業向け製品事業を拡大する動きがあるようです。

 梱包資材販売のエコビズ(大阪市)は、使用済みペットボトルの再生原料からつくる荷崩れ防止用ベルトの販売代理店を増やし、全国販売網を構築するそうです。再生原料を用いるベルトの製造と使用でのCO2削減効果を算出し、国内の信託銀行からCO2排出枠を購入して、ベルト1枚当たり約40kgのCO2排出枠を付け、このベルトを使用する工場のCO2削減に活用してもらうといいます。

 電子部品製造装置の洗浄機器を手掛けるサワーコーポレーション(大阪府枚方市)は、洗浄用の不織布製クリーニングペーパーを繰り返し使う再生機器を開発しました。使い捨てのクリーニングペーパーを使用する場合に比べてコストダウンにもなりますし、CO2排出量も1/6に抑える効果があるといいます。

 樹脂成型品製造のキューブエッグ(兵庫県尼崎市)は、今夏にも、リサイクル素材を使った店舗向けインテリア家具をインターネットやカタログで通信販売するそうです。家具の原料には古紙70%、再生樹脂30%を配合した素材を使用するそうです。

 環境ビジネスで売上向上を目指す中小製造業が増えてきました。環境負荷削減とコスト削減を同時に行える製品は購入する企業にとって魅力的です。新製品への引き合いも多いようです。不況にあえぐ中小製造業は多いですが、エコ製品には需要があります。得意先からの注文を待っているだけでなく、自社の技術やノウハウでエコ製品を開発できないか、知恵を絞り積極的にチャレンジしてみるのも不況を乗り切る上で有効ではないでしょうか。

にほんブログ村 環境ブログへ

|

« 植物由来のナイロン開発 | トップページ | 大阪版カーボン・オフセット制度 »

環境配慮型製品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513205/45086712

この記事へのトラックバック一覧です: 中小製造業による企業向けエコ製品が拡充:

« 植物由来のナイロン開発 | トップページ | 大阪版カーボン・オフセット制度 »