« 大阪府、エコカー普及促進へ加速 | トップページ | 「エコ交通」網、都市部で始動 »

マイクログリッドで家庭の発電と消費の最適化

 今朝の日経新聞に、「家庭の発電と消費の最適化」という記事が掲載されていました。

 ITを使って国レベルの広域で電力需給を制御するのをスマートグリッドと呼ぶのに対し、家庭で電力を「つくる」「使う」「ためる」効率を最適化するのをマイクログリッドと呼んでいます。家庭でつくった電力を効率よく使う制御の仕組みを作るのは簡単なことではありません。たとえば電気の種類には2つがあります。電力会社から送られてくる電力は「交流」ですが、太陽電池がつくる電気は「直流」です。家庭用のコンセントはすべて「交流」で、家庭用製品を使うには直流の電気を交流に変換しなくては」なりません。変換の過程で電気の3割程度が失われているとされています。

 パナソニック電工は、電力会社の電気を送る交流コンセントと別に太陽電池からの電気を送る直流コンセンントを設けた施設を造り、直流コンセントの電圧など規格づくりも進める考えだそうです。シャープは、パソコン、エアコンや洗濯機など白物家電を直流で動かすとどの程度省エネできるかを研究中だそうです。太陽電池でつくった直流の電気を家庭のメイン電源とし、最も効率よく電気を使う仕組みを模索するといいます。

 太陽光発電の普及に伴って家電も変わってきそうですね。家庭での電力消費を最適化するマイクログリッドと国レベルの送電を制御するスマートグリッドが重なった時、家庭でのエネルギー効率がどれだけ良くなるのか楽しみです。

にほんブログ村 環境ブログへ

|

« 大阪府、エコカー普及促進へ加速 | トップページ | 「エコ交通」網、都市部で始動 »

エネルギー」カテゴリの記事

コメント

スマートグリッドやマイクログリッドについて、理解が少しずれている様ですね。

投稿: | 2009年8月 9日 (日) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513205/45534772

この記事へのトラックバック一覧です: マイクログリッドで家庭の発電と消費の最適化:

« 大阪府、エコカー普及促進へ加速 | トップページ | 「エコ交通」網、都市部で始動 »