« 大阪ガスが電気、ガス、水道使用量を自動計測するサービスを今秋から | トップページ | 家庭の省エネ支援システム »

「カーボン・ニュートラル・ステーション」摂津市駅

 今日、仕事帰りに3/14にオープンした阪急京都線の摂津市駅から乗車してみました。この駅は、太陽光発電、LED照明、雨水利用、無水トイレ、ヒートポンプ式給湯器などの省エネ施設を導入することで、CO2排出量を約51%削減し、残りのCO2排出量を兵庫県森林組合連合会等の植林や間伐等による吸収プロジェクトで生み出されたクレジット(J-VER:環境省認証のクレジット)を購入して埋め合わせることで、CO2排出ゼロの駅運営を行っています。ブレーキ時に電動機の回転力を活かして発電して架線に電力を返す回生ブレーキを備えた車両も運行しているそうです。さらに、同駅南側に太陽光発電と電動自転車を備えたレンタサイクルも開業しています。

 まぁ、電車に乗る分には普通の駅となんら変わりませんが、これだけ徹底してCO2削減に努め、PRすると話題になりますね。

Photo Photo_3

にほんブログ村 環境ブログへ

|

« 大阪ガスが電気、ガス、水道使用量を自動計測するサービスを今秋から | トップページ | 家庭の省エネ支援システム »

省エネ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513205/47844745

この記事へのトラックバック一覧です: 「カーボン・ニュートラル・ステーション」摂津市駅:

« 大阪ガスが電気、ガス、水道使用量を自動計測するサービスを今秋から | トップページ | 家庭の省エネ支援システム »