« 中小企業の熟練の技、環境ビジネスへシフト | トップページ | 宇宙から温暖化ガスの動きを観測 »

中小企業4社共同で電気自動車開発

 4/6の日経新聞朝刊に、「関西中小タッグ 電気自動車発信」という記事が掲載されていました。

 淀川製作所(大阪府守口市)を始め、関西の中小企業4社が共同で三輪型の3人乗り電気自動車を開発したそうです。最高速度は時速40kmで、1時間の充電で40km走行できるといいます。1台当たり100万円前後に設定し、来年にも受注生産を始める計画ということです。

 除幕式も行われ、淀川製作所の小倉庸敬社長は「町工場の意地と誇りにかけても日本人にしかできない繊細な車を作りあげたい。」と抱負を述べられています。

 東南アジアで流行りそうなスタイルですね。大手には出来ないユニークな電気自動車を作ってほしいものです。

にほんブログ村 環境ブログへ

|

« 中小企業の熟練の技、環境ビジネスへシフト | トップページ | 宇宙から温暖化ガスの動きを観測 »

環境配慮型製品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513205/48022238

この記事へのトラックバック一覧です: 中小企業4社共同で電気自動車開発:

« 中小企業の熟練の技、環境ビジネスへシフト | トップページ | 宇宙から温暖化ガスの動きを観測 »