« 生物多様性保護をITで | トップページ | 生物多様性保護がビジネスになる »

割り箸が訴える森林保護

 今朝の日経新聞に、「割りばしが訴える森林保護」という記事が掲載されていました。

 吉野地域の割り箸を全国レベルでアピールし、復権させようという動きが始まっているそうです。割り箸の消費量は年間203億膳で、ほとんどが中国からの安い輸入品です。国産品は5億膳程度です。日本の大量消費がCO2吸収源の「熱帯雨林」を破壊しているとの一部環境団体の非難が追い討ちをかけ、輸入割り箸の排斥運動に巻き込まれたことも国産品の低迷に拍車をかけたとも言われています。そんな中、国産品の約7割を占める生産地、吉野は何とか踏みとどまり、2008年秋に、地域の森林と地球環境を守る「Yoshino Heart プロジェクト」を立ち上げました。その柱が、袋に広告が入ったヒノキの割り箸を大手コンビニに割安で販売する「アドばし」プロジェクトです。輸入品との価格差を社会貢献を目指す企業からの広告収入で補填するという戦略です。ナチュラルローソンや南都銀行の「平安遷都1300年祭」のアドばしなどがあります。

 森林整備もCO2の吸収源を守る大事な仕事ですが、国産材の価格低迷で手入れがされず、荒廃が進んでいます。森林整備のコストを捻出する上でも間伐材の利用拡大を図ることが必要です。私も2008年5月に川上村を訪れた時、そのことを強く感じました。輸入品が置いてある飲食店ではマイ箸を使い、国産品をみつければ積極的に購入する。そんな意識を持って、環境問題や林業の問題を考えるキッカケにしたいものです。

にほんブログ村 環境ブログへ

|

« 生物多様性保護をITで | トップページ | 生物多様性保護がビジネスになる »

森林」カテゴリの記事

環境配慮型製品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513205/48913395

この記事へのトラックバック一覧です: 割り箸が訴える森林保護:

» 地球温暖化と環境問題の真実 [地球温暖化と環境問題の真実]
地球温暖化と環境問題の真実の情報です [続きを読む]

受信: 2010年7月19日 (月) 10時44分

« 生物多様性保護をITで | トップページ | 生物多様性保護がビジネスになる »