« 生物多様性減少による経済的損失 | トップページ | 「エコブランディング」 »

水も資源外交に一役

 今朝の日経新聞に、「原油確保へ産油国に水」という記事が掲載されていました。

 日本の水を中東産油国に供給し、その見返りに原油を確保する動きがあるそうです。具体的には、日本の下水処理水や工業用水をばら積み船に積み込み、現地で放水した後に原油を載せて帰国するしくみです。雨が少ない中東では、経済成長を背景とした水不足が深刻で、海水の淡水化や他国からの購入でしのいでいるといいます。雨が多く、工業用水に余剰もある日本にとって、水は安全保障の有力な手段になるというのです。

 水処理技術を売るというのはこれまでも日本がやってきたことですが、水そのものを売るというのもアリなのかとちょっとびっくりしました。日本人は水をほとんどタダのように思っていますが、考えてみれば水はエネルギーよりも重要な資源かもしれません。大事に使わないといけませんね。

にほんブログ村 環境ブログへ

|

« 生物多様性減少による経済的損失 | トップページ | 「エコブランディング」 »

エネルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513205/49495112

この記事へのトラックバック一覧です: 水も資源外交に一役:

« 生物多様性減少による経済的損失 | トップページ | 「エコブランディング」 »