« ミドリムシでCO2削減 | トップページ | リグニンで古紙をプラスチックに »

微生物を活用した無農薬農業

 昨日(11/1)、NHKクローズアップ現代にて、「微生物とつながる農業」という番組が放送されました。

 「エンドファイト」と呼ばれる植物の体内に入り込む微生物は、植物の成長を早めたり、病気や虫から植物を守る効果があるそうです。「奇跡のリンゴ」で知られる木村秋則さんの無肥料、無農薬の自然栽培のリンゴの木を調査すると、たくさんの微生物がいることも紹介されていました。

 これまでは農薬で微生物を殺して植物を育てていたのですが、微生物と共生することで植物が育つというわけです。兵庫県豊岡市の「コウノトリ育む農業」でも実践されていますように、自然界には害虫もいますが、それを食べる益虫もいる。自然の生態系の中で多様な生物がバランスよく生息することで植物も育つというのは理に適った方法かもしれません。

 エンドファイトに着目し、研究している企業もあります。㈱前川製作所。グループ会社が経営するゴルフ場の芝生に撒く農薬を減らしたいと考えたことがキッカケだったそうです。

 ただ、エンドファイトが寄生している牧草を牛や馬が中毒を起こすという報告もされています。良い面だけでなく懸念材料についても研究がされて、うまく農業に活かされることを期待したいです。

にほんブログ村 環境ブログへ

|

« ミドリムシでCO2削減 | トップページ | リグニンで古紙をプラスチックに »

生物多様性」カテゴリの記事

食と農業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513205/49913352

この記事へのトラックバック一覧です: 微生物を活用した無農薬農業:

« ミドリムシでCO2削減 | トップページ | リグニンで古紙をプラスチックに »