« 微生物を活用した無農薬農業 | トップページ | 情報をエネルギーに変換 »

リグニンで古紙をプラスチックに

 11/7(日)の「夢の扉」という番組で、「木から作るプラスティックで世界を変えたい」という放送を見ました。

 古紙などの木質系廃棄物からプラスチックが作れるというのです。開発したのは三重大大学院の松岡正光教授。古紙を水に溶かして型にはめ、作りたい形に成型します。乾燥させると形が出来ますが、このままでは強度が弱くちょっとした力で崩れてしまいます。それで、古紙を成型した物体をリグニンという物質を溶かし込んだ溶液に浸します。すると木のように硬くなるのです。硬くて軽いプラスチックのような製品が出来上がるのです。

 リグニンというのは、木の中に含まれている物質で、木の繊維の中に入り込み、鎖のように縛りつけ硬くする性質があるのだそうです。木が立っていられるのもリグニンがあるからなんです。の性質は木を切り倒して切断した木片になった状態でも維持されます。これまで、世界中の多くの研究者が木からこのリグニンだけを取り出そうと試みてきましたが、実現できませんでした。木の繊維だけを溶かし、リグニンを取り出そうとしてもリグニンも一緒に溶けてしまって取り出せなかったのです。松岡教授は、ある日まずリグニンをコーティングして溶液に溶けないようにしてから木質繊維を溶かし、リグニンだけを取り出すことに成功しました。研究を開始して15年が経過していました。その2年後に"リグぱる"というプラスチックを完成させたのです。すでに2005年に開催された「愛・地球博」で紹介された「未来の乗り物」、トヨタのアイユニットのボディにも使われていました。

 「リグぱる」で作った製品は、その役目を終えると、溶かしてまた新しい形に成型して、もう一度リグニンの溶液に浸すことで、何回でも蘇るといいます。いま、徳島県那賀町の山間部にリグニンを取り出す大型プラントを建設する計画があるそうです。材木業などからでる木質廃材を使ってリグニンを大量に取り出し、有り余る古紙などの原料からプラスチック製品を作るというのです。

 石油が枯渇するのは時間の問題です。素材としての石油に代わるのが木から作るプラスチック。生物資源から益々目が離せません。

にほんブログ村 環境ブログへ

|

« 微生物を活用した無農薬農業 | トップページ | 情報をエネルギーに変換 »

リサイクル」カテゴリの記事

環境配慮型素材」カテゴリの記事

生物多様性」カテゴリの記事

コメント

とにかくすばらしい発明と関心するばかりです。地球温室効果ガスがインドネシアで大きな問題になっております。昨年のコップ15でノルウェー・アメリカ・フランス・イギリス・日本は森林保護政策の支援金として3年間で40億ドル拠出することが決まりました。インドネシアでは1年間に180万ヘクタール
福島県と千葉県の面積が消滅しております。
伐採の枝葉が大量に放置され自然発火されて、
地球環境破壊の20%を占めております。
先生の技術で大量のチップを製作して、プラスチック
代用品(車のバンバー・パソコンの枠etc)などを
生産したいと考えますが、可能でしょうか?
同県の三重県伊賀市アジアンリソース(株)村川
様から正式にアポを取らせて頂き、
近日中にお伺いしたいと思っております。
宜しくご相談くださいますようお願い致します。
私は、五行商事株式会社 長谷川 司(専務)と申します

投稿: 五行商事株式会社 | 2010年12月15日 (水) 18時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513205/49978842

この記事へのトラックバック一覧です: リグニンで古紙をプラスチックに:

« 微生物を活用した無農薬農業 | トップページ | 情報をエネルギーに変換 »