« 電流使わず情報処理 | トップページ | 町工場の電気自動車開発現場を訪問 »

リヤカー付き電動自転車

 日経エコロジー2月号に、「ヤマト運輸-自動車はできる限り使わない」という記事が掲載されていました。

 ヤマト運輸では、宅配便の配達に住宅密集地ではトラックに代わり、電動アシスト自転車や台車が活躍しているといいます。現在1日の集配稼働の約15%を台車や自転車が占めるそうです。

 今、ヤマト運輸が新しい集配手段として、都市部を中心に導入に取り組んでいるのが、リヤカー付き電動自転車「新スリーター」です。自転車や台車であれば、駐車違反の心配も少なく、クルマの運転ほど緊張せず、渋滞からも開放されます。もちろん排ガスや騒音もなし。CO2削減にもなるし、コスト削減にもなります。しかもお客様とのコミュニケーション向上にもつながっているといいます。結構積めるのでいいことずくめですね。

 市街地や住宅密集地域に、台車や自転車を主力とした集配拠点「サテライトセンター」を設けていくそうで、2012年までに全国で累計1000店にする計画だそうです。

 リヤカーというのは昔、時々見かけたものでした。特に農家の多い田舎ではたくさんありました。それが自動車の普及ですっかり見かけなくなりました。それがこんどは宅配用として街中を走るという形で復活してきたんですね。私はもう1年半ほどクルマの無い生活をしているのですが、不便を感じるのは買い物です。自転車で買い物に行くのですが、大きなものを買った場合は配達を頼むか、軽トラを借りて運ぶしか方法がありません。リヤカーがあったらいいなと思ったりします。最近自転車の利用者も増加傾向ですから、おしゃれなリヤカーがあったら意外に売れるかもしれませんね。

にほんブログ村 環境ブログへ

|

« 電流使わず情報処理 | トップページ | 町工場の電気自動車開発現場を訪問 »

グリーン物流」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513205/50525354

この記事へのトラックバック一覧です: リヤカー付き電動自転車:

« 電流使わず情報処理 | トップページ | 町工場の電気自動車開発現場を訪問 »