« 熱発電チューブ | トップページ | 体液で発電、バイオ燃料電池 »

電力ルーターで電源を製品ごとに使い分け

 今朝の日経新聞に、「電源、製品ごとに使い分け」という記事が掲載されていました。

 京都大学と住友電工のチームが、電力会社からの供給電源と、太陽電池などの自家発電や蓄電池などからの電源を、住宅や事業所内で使い分ける技術を開発したというのです。新技術は電力ごとに安定性などの質を色分けし、特徴に合わせた使い分けを実現するのです。たとえば、安定した電力が必要な医療機器や空調機器には電力会社の供給電力を使い、天候で発電量が変動する太陽電池にはパソコンや蓄電池の充電などに使うといったイメージです。

 通信網では情報を送信先へ交通整理する装置に「ルーター」がありますが、電力網では「電力ルーター」と呼ぶ装置で交通整理を行うのだそうです。家電製品などにそれぞれ送り先を示す信号を付けて送信するのです。今回の実験では、電源と電化製品に見立てた装置を2つずつ電力ルーターとつなぎ、送信先の切り替えができることを確認したそうです。高速切り替えに最適な炭化ケイ素製半導体も開発済みだそうです。

 電力ルーター同士は通信機能があり、複数台を組み合わせれば、どこから供給された電力かを見極め、電力の安定性に合わせて供給先の電化製品を選べるということになります。

 効率よく最適な電源を使えるしくみは節電にも大きな効果を発揮しそうです。このブログで以前に「エネルギーの情報化」という記事を書きました。目に見えないエネルギーにITで色を付けコントロールするという考え方です。この考え方を現実のものにするための実験が今回の取り組みということなのでしょう。いよいよ以前ITの世界で起こった集中から分散へのパラダイムシフトがエネルギーの世界でも起こる、そんな予感がします。

にほんブログ村 環境ブログへ

|

« 熱発電チューブ | トップページ | 体液で発電、バイオ燃料電池 »

エネルギー」カテゴリの記事

環境とIT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513205/52243471

この記事へのトラックバック一覧です: 電力ルーターで電源を製品ごとに使い分け:

« 熱発電チューブ | トップページ | 体液で発電、バイオ燃料電池 »