« 磁力抵抗ゼロの発電機 | トップページ | ブラウン管、真空断熱材に再利用 »

デジタルグリッド

 今朝の日経新聞に、「新電力網で再生エネ普及」という記事が掲載されていました。

 NEC、東京大学、産業技術総合研究所が、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーを導入しやすくする新しい電力網の開発に乗り出すとしています。これは東京大学大学院工学系研究科の阿部力也特任教授が考案した分散型電源システム「デジタルグリッド」を実用化しようとするものです。

 これまでのスマートグリッドの概念は、既存の電力系統はそのままにして、発電と消費を情報系で突合せ、双方に切り替えていくという方法で、電力の需要と供給のバランスをとるという考え方です。つまりアナログ電力とデジタル情報の組み合わせです。それに対してデジタルグリッドの概念は、既存の電力系統を基幹送電線と非同期分散のマイクログリッドに分離し、発電と消費をデジタル電力で一元管理するという方式です。つまり電力、情報ともにデジタルで運用するものです。電力を融通しあうルートがマイクログリッドの数の2乗に比例して増えるため、インターネットのように、さまざまなルートから安定的に電力が供給できるようになるというのです。

 電力を大量に消費する産業部門は期間送電線から電力を受け取り、民生用の電力は再生可能エネルギーを主体としたマイクログリッドの電力を受け取るという2重構造を構成することができます。

 マイクログリッド間の融通電力量を調整するには、各マイクログリッドの通過ポイントにIPアドレスを付与しておき、電力を融通しあう問い合わせのプロトコルう定め、電力を融通する電力量そのものにヘッダーとフッター情報をつけて、そのアドレス情報にしたがって電力の不足しているところへ配電するというわけです。まさにインターネットの世界とそっくりですね。エネルギーのデジタル化が始まろうとしています。情報通信の世界で経験したオープン化がエネルギーの世界でも始まるわけです。

 技術的には確実にエネルギーのデジタル化・オープン化は始まっていますが、既存の電力会社の抵抗はきわめて大きいと予想されます。政治が相当リーダーシップをとって発・送・配電分離などの規制改革を実現してもらわなければなりません。今電力料金の不透明さに対する批判が大きくなってきていますが、世論が政治に圧力をかけ、実現の方向にもっていくことが重要です。

にほんブログ村 環境ブログへ

|

« 磁力抵抗ゼロの発電機 | トップページ | ブラウン管、真空断熱材に再利用 »

エネルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513205/52905439

この記事へのトラックバック一覧です: デジタルグリッド:

« 磁力抵抗ゼロの発電機 | トップページ | ブラウン管、真空断熱材に再利用 »