« 人工光合成 | トップページ | 地中熱による工場節電 »

風レンズ風車

 1/15に放送された「夢の扉」で「レンズ風車の洋上風力発電」という番組を録画で見ました。

 「風のスペシャリスト」と呼ばれる九州大学教授の大屋裕二さんが考案した「風レンズ風車」が紹介されていました。「風レンズ風車」は、羽根の周りにリング状のカバーを付けたもので、それによって風の渦を発生させ、局所的に気圧を下げることで、風車に当たる風速が増すというしかけです。風はカバーの狭い方から広い方に流れ、普通の風車に比べて2~3倍の発電量が期待できるといいます。番組では、風レンズ風車2基を六角形の浮体の上に取り付け海に浮かべて発電する実験を放映していました。

 すごいですね。洋上の風なら年間通じて安定した発電が期待できそうですね。この浮体式洋上風力発電は、風力のみならず、太陽光発電、潮力発電、波力発電を含めた洋上の発電所をつくる構想で進んでいるそうです。早く実用化されることを期待したいです。

 ちなみに小型の「風レンズ風車」は既に実用化されているようです。

にほんブログ村 環境ブログへ

|

« 人工光合成 | トップページ | 地中熱による工場節電 »

エネルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513205/53776628

この記事へのトラックバック一覧です: 風レンズ風車:

« 人工光合成 | トップページ | 地中熱による工場節電 »