« 紙ゴミからバイオエタノール | トップページ | 工場のプレス機の余力で発電 »

家庭の排熱を活用する方法はないか

 5/24のNHKクローズアップ現代で、「眠れる熱エネルギーを活用せよ」という番組が放送されていました。

 この番組によると、日本では燃料などの形で消費するエネルギーのうち、2/3は使われることなく「排熱」として捨てられているといいます。番組では、工場から出る排熱などを回収して、それを圧縮して温度を高め、再び工場で再利用する試みや、地中熱や下水熱を利用する取り組みを紹介していました。

 この番組を見て、家庭で発生する排熱を利用する方法があればいいのにと思いました。たとえば、私の家ではエコキュートでお湯を沸かしてお風呂などで利用していますが、使い終わったお風呂の湯をそのまま捨てるのではなく、それを再びエコキュートに戻し、その熱を回収して圧縮すれば、温度の低い外気から熱を取り出すより、少ない電力で熱湯ができるのではないかと思いました。こうした循環型エコキュートの開発を考えてほしいと思うのですが、いかがでしょう。

 「簡易ヒートポンプ/チラ」という製品を開発している会社があります。エアコンの排熱を利用してお風呂の湯を沸かすという活用例が示されています。簡単に排熱を利用する方法はいろいろありそうですね。

にほんブログ村 環境ブログへ

|

« 紙ゴミからバイオエタノール | トップページ | 工場のプレス機の余力で発電 »

エネルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513205/54801927

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭の排熱を活用する方法はないか:

« 紙ゴミからバイオエタノール | トップページ | 工場のプレス機の余力で発電 »