« 家庭の排熱を活用する方法はないか | トップページ | 抵抗の少ないコアーレス型発電機 »

工場のプレス機の余力で発電

 2013年1月7日の日経新聞朝刊に、「プレス機使い工場で発電」という記事が紹介されていました。

 電気設備工事の株式会社エスコム(福岡県小郡市)が工場のプレス機に取り付けて発電する装置を開発したそうです。開発した「PPG発電システム」は、上下動するプレス機が加圧後に上に戻る力を利用して発電機を動かすしくみで、出力はプレス機の加圧能力によって異なり、1~5kW程度だといいます。

 九州電力や関西電力の電気料金の値上げ申請を受け、電力コストがアップする懸念がある中、それをピンチとするのではなくチャンスととらえて商品開発に取り組まれている姿は素晴らしいですね。工場の中にはまだまだ利用されずに捨てられているエネルギーがあると思います。そうしたエネルギーを拾い集めて再利用する知恵がこれから求められることと思います。

にほんブログ村 環境ブログへ

|

« 家庭の排熱を活用する方法はないか | トップページ | 抵抗の少ないコアーレス型発電機 »

エネルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513205/56496396

この記事へのトラックバック一覧です: 工場のプレス機の余力で発電:

« 家庭の排熱を活用する方法はないか | トップページ | 抵抗の少ないコアーレス型発電機 »