環境配慮型製品

太陽光パネル熱を暖房・給湯に

 今朝の日経新聞に、「太陽光パネル熱再利用-シャープ、住宅向け暖房・給湯に」という記事が掲載されていました。

 太陽光パネルで発生する熱を回収して暖房や給湯に使える省エネ設備を開発したそうです。太陽光パネルの裏側に取り付けた配管不凍液を流して熱を吸収し、その熱をヒートポンプの原理で温水にし、タンクに蓄えて床暖房などに利用するというわけです。夏場は50℃にもなるパネルの温度を下げて発電効率を高めることにもなるそうで、一石二鳥ですね。
 できた温水をエコキュートのタンクに合流できるとさらに効率的だと思いますが、今後の展開に期待したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レドックスフロー電池

 今朝の日経新聞に、「蓄電池 生産コスト1/10に」という記事が掲載されていました。住友電工が実用化に成功した「レドックスフロー電池」に関する記事でした。レドックスフロー電池は、バナジウム等のイオンの酸化還元反応を利用して充放電を行う蓄電池です。電極や電解液の劣化が殆どなく長寿命であり、発火性の材料を用いていないことや常温運転が可能なことから安全性が高いなど、電力系統用蓄電池に適した特性をもっており、今後、太陽光や風力等の再生可能エネルギーの導入を拡大していく上で必要となる系統の安定化技術として期待されています。

 今回の記事では、これまでは電解液にレアメタルのバナジウムを大量に使うために価格が高かったが、住友電工では複数の金属系素材を使った代替材料を開発したことで、1kWh当たり数十万円していた販売価格を大幅に引き下げられる見通しと説明しています。レドックスフロー電池は、リチウムイオン電池と比べて発火リスクが少なく、寿命も20年と約2倍長く、次世代蓄電池の本命の一つとされています。日本政府もレドックスフロー電池の国際標準化の推進に力を入れているようです。今後の進展に期待したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

認証型コンセントで電力管理

 今朝の日経新聞に「コンセントで電力管理」という記事が掲載されていました。

 コンセントに挿入されている家電製品等を自動認証して使用電力を確認したり制御したりできるといいます。ソニーが開発したこのコンセントは、「認証コンセント」と呼ばれ、認証方式には、プラグとコンセント間の情報を無線でやりとりするタイプと、電力線経由でやりとりするタイプがあります。

 将来、使いたい時だけ電力を流すことで安全性を高めたり、風力や太陽光などどんな電力を使用するかを選択したり、外出先でのモバイル機器や電気自動車への充電に対して課金されたりと、使う側が主体的に電力をコントロールできる世界が広がるとしています。

 コンセントを通じて個々の電気製品の電力使用量を見える化し、コントロールできるというのはは、利便性と節電を両立させる有効な手段となりえますね。家庭だけでなく、オフィスや工場での電力コントロールにも使えそうです。

にほんブログ村 環境ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電極に植物原料を使ったリチウムイオン電池

 日経エコロジー3月号に、「植物原料への代替でCO2削減も」という記事が掲載されていました。ソニーが電極材に植物原料を使ったリチウムイオン電池の研究を進めているそうです。

 正極材には従来のコバルに代えて、トウモロコシ由来の糖類から生成したロジソン酸リチウム塩を使用し、負極材には従来のグラファイトに代えて、コーヒー豆の搾りかすから作った材料を使用するとのことです。

 カーボンニュートラルな植物を利用することで温暖化対策になり、レアメタルの使用を抑えることで資源枯渇の対策にもなるということです。電極の性能も従来のリチウムイオン電池に比べて容量が2倍になるといいます。

 まだ容量は小さく、100回の充放電に耐えられるようにするのが目標だそうです。今後の研究成果が楽しみですね。

にほんブログ村 環境ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

低温廃熱回収システム(廃熱発電)

 今日、株式会社ダ・ビンチ(本社:奈良県大和高田市)の名張研究所を訪問しました。この会社は、経済産業省の関西フロントランナー大賞2010を受賞された会社で、これまで困難とされていた低温廃熱を回収して発電するシステムを開発されました。

 80~200℃の廃熱温度に応じて沸点の違う作動液を水、エタノール、イソペンタンと多段階に使い分け、作動液の蒸発と凝縮を効率的に繰り返すことでロータリー熱エンジンを回転させ、発電機と組み合わせて発電するしくみです。そのロータリー熱エンジンの起動電力(制御系)もゼーベック素子による温度差発電で発生させるなど、電源設備のない焼却炉の廃熱も回収して発電できるという、徹底して廃熱を利用するしくみになっています。将来的には40℃というどこにでもあるような廃熱でも発電できるようにしようと研究をされているそうです。

 どんなエネルギーも最後は熱に変換されて、しかも低温になって使い道がなくて捨てられてしまいます。使うのが一番やっかいなのが熱なんです。それを回収して使い勝手のいい電気に変えるという技術はすばらしいと思います。ようやく試作品ができてこれから導入を検討しているお客様企業で実証実験という段階だそうです。家庭でのお風呂の廃熱から電気を作るということが将来できるかもしれません。現システムの実用化と普及、さらなる低温での廃熱発電の実現を期待したいですね。

Photo

にほんブログ村 環境ブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

町工場の電気自動車開発現場を訪問

 昨日は、大阪府守口市にある淀川製作所を訪問してきました。ここは、以前このブログでも紹介させていただきました和風電気自動車を開発された会社です。

 この日は三重県・桑名市商店街連合会青年部の皆さんが工場見学に訪れていました。私の方で、青年部の皆さんに淀川製作所を紹介したのがキッカケでこの見学会が実現しましたので、ご一緒させていただいた次第です。

 常に挑戦を続ける小倉庸敬社長の熱い語りに、改めて感動を覚えました。印象に残ったのが、「和風電気自動車で中小企業の誇りを作りたかった。販売は後からついてくる。」という言葉です。一見プロダクトアウトのようなマイナスイメージに聞こえてしまうかもしれませんが、この言葉の中には、「下請け企業だから営業力がない。だから自社製品なんて作っても売れるわけがないと諦めてしまうのではなく、自社の強みを活かしてこれから需要が伸びると思われる分野でチャレンジすれば、世間は必ず評価してくれる。」という気持ちが込められているのだと思います。核となる自社の強みを活かせば、足らない部分は他社から補うこともできます。まず、やれるという自信をもつことが大事です。

 もう一つ印象に残ったのが、「電気自動車は地域資源で造ればいい。」ということばです。「たまたま淀川製作所は板金屋やったからフレームを鉄で作ったけど、木材屋だったら木で作ったらいい。」というのです。電気自動車の構造は簡単。荒っぽい言い方をすれば、シャーシにモーターを乗せて車輪をつけて電池をつないだら動くわけで、ボディを中心に周辺部分はその地域の特産品を活用してもいいわけです。造りやすさを優先させてしまうと画一的なものになり、それでは大手自動車メーカーに勝てません。デザインを重視してその地域にしかできない電気自動車を造る。そうすれば電気自動車で町おこしができる。そんな思いを社長は伝えたかったんだと思います。桑名市商店街連合会青年部の皆さんに、自分達の電気自動車を造ってみたらいいと盛んにアドバイスされていました。「電気自動車を地域資源で造る」という発想は私にとっても新鮮でした。

 この日はテレビ大阪が来られていて、この見学会を取材されていました。MEGURUの開発が完了したのが2010年3月末ですから、もう10ヶ月近くが経過しています。それでもテレビ取材を始め、マスコミの取材や講演依頼は絶えないといいます。たくさんの元気をいただいた一日でした。

032

033

 035

にほんブログ村 環境ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

割り箸が訴える森林保護

 今朝の日経新聞に、「割りばしが訴える森林保護」という記事が掲載されていました。

 吉野地域の割り箸を全国レベルでアピールし、復権させようという動きが始まっているそうです。割り箸の消費量は年間203億膳で、ほとんどが中国からの安い輸入品です。国産品は5億膳程度です。日本の大量消費がCO2吸収源の「熱帯雨林」を破壊しているとの一部環境団体の非難が追い討ちをかけ、輸入割り箸の排斥運動に巻き込まれたことも国産品の低迷に拍車をかけたとも言われています。そんな中、国産品の約7割を占める生産地、吉野は何とか踏みとどまり、2008年秋に、地域の森林と地球環境を守る「Yoshino Heart プロジェクト」を立ち上げました。その柱が、袋に広告が入ったヒノキの割り箸を大手コンビニに割安で販売する「アドばし」プロジェクトです。輸入品との価格差を社会貢献を目指す企業からの広告収入で補填するという戦略です。ナチュラルローソンや南都銀行の「平安遷都1300年祭」のアドばしなどがあります。

 森林整備もCO2の吸収源を守る大事な仕事ですが、国産材の価格低迷で手入れがされず、荒廃が進んでいます。森林整備のコストを捻出する上でも間伐材の利用拡大を図ることが必要です。私も2008年5月に川上村を訪れた時、そのことを強く感じました。輸入品が置いてある飲食店ではマイ箸を使い、国産品をみつければ積極的に購入する。そんな意識を持って、環境問題や林業の問題を考えるキッカケにしたいものです。

にほんブログ村 環境ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「町工場のおやじ、電気自動車に挑む」

 「町工場のおやじ、電気自動車に挑む」という本を読みました。

 これは、4/7にこのブログでも紹介しました大阪府守口市の中小企業、淀川製作所の小倉庸敬社長が執筆された本です。電気自動車を造ろうと思い立った経緯、小倉社長率いる「あっぱれ!EVプロジェクト」での電気自動車開発の奮闘ぶりなどが大阪弁口調で赤裸々に描かれています。電車の中で思わず笑ってしまったり、涙ぐんでしまったりと、苦労の連続、トラブルの連続の物語を一気に読んでしまいました。

 ひょんなことから知り合った女性インテリアデザイナーに電気自動車のデザインの担当をお願いしたことから、このデザイナーに全く感性の違う町工場のおやじ達が振り回されっぱなし。この涙ぐましい苦労の中で、多くの人を巻き込みわずか6ヶ月で試作品「Meguru」を作り上げた中小企業のおやじ達は文字通り「あっぱれ」でした。

 今朝の日経新聞朝刊によると、近畿圏で電気自動車向けの充電器の配備が着々と進んでいるようです。大阪府では現在40基程度だそうですが、2012年度までに1300基まで増やす計画だそうです。近いうちに「Meguru」が大阪の街中を走っている姿が見れるかもしれません。

 私もこの電気自動車を「中小企業総合展2010 in KANSAI」で見ましたが、この本を読んでもう一度しっかりと見たくなりました。総漆塗りのボディに扇子のような扉。どこにもない独創的な車。これは必見です。この本もぜひ読んでいただきたいですね。

にほんブログ村 環境ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近畿の自治体、環境ビジネスを加速

 今朝の日経新聞に、「自治体、環境ビジネスを加速」という記事が掲載されていました。

 近畿の自治体で環境対策をビジネスにつなげようとする動きが広がりつつあるようです。

 京都市は、2009年11月に希少金属(レアメタル)を含む小型家電の回収事業を試験的に開始しました。市内の商業施設や公共施設など50ヵ所に回収ボックスを設置し、使わなくなった携帯電話や家庭用ゲーム機など15品目を回収し、取り出した希少金属を精錬するそうです。将来は精錬したものを携帯電話メーカーに販売することを検討しています。

 大阪市は、大阪ガスの提案を受け、大野、住之江、放出の市内3ヵ所の下水処理場で発生するバイオガスを精製し、都市ガスとして利用することを検討しています。

 滋賀県では、京都大学や京都、滋賀の企業などと協力し、琵琶湖に繁茂する「カナダ藻」などの水草を原料とするバイオエタノールの製造に取り組んでいます。

 兵庫県豊岡市では、市内の山林から出る間伐材をペレット化し、市内の公共施設での暖房や温泉での燃料に活用する取組みを始めています。

 環境保護に取り組む姿勢をアピールするだけでなく、厳しい財政状況の中で収益源としての可能性を探ろうという試みです。たとえば一般廃棄物の回収や処理など、自治体としてやらざるを得ない事業を収益事業に変えようという試みはいいですね。課題をチャンスに変えるビジネス感覚を行政にも磨いてもらいたいものです。

にほんブログ村 環境ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

バイオ電池

 昨日の日経新聞に「『ジュース発電』出力倍増」という記事が掲載されていました。

 ソニーはジュースを燃料にできる「バイオ電池」の新型を開発したそうです。タカラトミーと組みジュースで走る自動車のおもちゃも試作しています。

 電池上部の穴からジュースを注ぐと、糖を酵素で分解して電子を取り出し、遺伝子を改変した新型酵素の採用や、正極材の微細な構造などを改良することで、電極1平方C㎡あたりの出力を2007年の開発時の1.5ミリワット→2009年に5ミリワット→今回10ミリワットまで高めたといいます。

 バイオ電池は安全性が高く、燃料の購入も簡単。出力は燃料電池の約1/5ですが、酵素の改良などで高出力化や長寿命化を図っていくそうです。

 安く手に入るモノ、どこにでもあるようなモノでエネルギーを生み出せるというのはいいですね。燃料が外出先でも簡単に手に入るというのも魅力です。多少性能的には劣ってもこういう視点はこれから重要になってくると思います。

にほんブログ村 環境ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧